投資

VTIとは?大人気の米国ETFについて紹介【投資初心者向け】

男性
男性
米国株への投資を始めていきたいんだけど、オススメの銘柄について知りたいな!
にしげん
にしげん
米国株への投資を始める方には、米国企業の株式のほとんどをカバーできる銘柄であるVTIがオススメ。

今回は、多くの投資家から愛されている人気のETF「VTI」について紹介します。

本記事はこんな人にオススメ

VTIというETFについて知りたい

米国ETFに投資しようと思っている

VTIの市場価格や分配金について知りたい

VTIに投資することで、アメリカ企業にまるっと投資できちゃうという素敵なETF。

長期投資するにはもってこいです!

そんなVTIについて解説していきます。

 

VTIとは?

PC デスク1
VTIとは

VTIとは、米国株式市場の値動きと同じ値動きを目指すETF。

構成銘柄は米国株式約3800銘柄

VTIの構成銘柄数である約3800銘柄というのは米国企業のほぼ100%を占めています。

にしげん
にしげん
VTIに投資するということは、米国の企業約3800銘柄に投資したことになるんです!

 

 

VTIが人気の理由

  • 米国は今後も株価の成長が期待できる
  • VTI一本で米国ほぼすべての企業に投資できる
  • 低コスト・低リスクで長期投資に向いている

米国は今後も株価の成長が期待できる

いま多くの投資家が最も投資しているのは米国企業。

世界の中でも米国の株価は常に右肩上がりで、安定して経済が成長しています。

そんな米国に投資することによって、長期的に安定して資産を増やしていくことができると言われています。

また、VTIを提供しているバンガードという会社は世界最大規模の資産運用会社で、歴史も長いので、信頼と実績があります。

 

VTI一本で米国ほぼすべての企業に投資できる

アメリカ国旗

VTIには米国の新興企業や中堅企業も含めた約3800銘柄に投資しています。

似たものとして、VOO(バンガード・S&P500)というETFもありますが、こちらは米国の代表企業500社に投資する商品。

男性
男性
VOOとVTIはどっちのほうが良いの?
にしげん
にしげん
どちらも人気なので、好みになります。

迷ったら投資初心者の方には、より多くの銘柄に透視できるVTIがオススメです。

 

米国では、新興企業や中堅企業が大きな成長を遂げるパターンも決して珍しくないので、より幅広い銘柄に投資できるVTIは大人気。

 

個別に株を3800銘柄も買うことはできません。

それに、一つの株に集中的に投資をしてしまうと、その企業が倒産してしまうリスクがあります。

その点、VTI一本に投資すれば米国企業全体が成長していく限りはVTIの株価も成長していきます。

 

低コスト・低リスクで長期投資に向いている

勉強

VTIの運用コストは年間0.03%

にしげん
にしげん
100万円預けても300円程度しかかかりません。

 

投資する上で、長期的に株を持っていても手数料が高ければ毎年得られる利益は少なくなります。

VTIはコストが安いにも関わらず、多くの銘柄に投資できるため、多くの投資家から支持を得ているETFと言われています。

 

また、VTIは過去の運用成績が非常に良いことも特徴。

10年前から見ても、株価は4倍ほどに成長しています。

まだまだ今後も成長すると見込まれているので、長期投資するには最適のETFと言えるでしょう。

 

 

VTIのチャート・得られるリターン

VTIの過去5年間のチャートはこのような感じになっています。

VTI チャート【出典】https://www.google.com/finance/

※チャートはブログ執筆時(2021年8月2日)のものになります。

常に右肩上がりで、特にここ最近は株価が大きく上がっていますね。

 

直近のVTIの株価情報をまとめてみました。

【基準価格(米ドル)】227.97ドル
【直近分配金(米ドル)】0.6753ドル
【分配金回数/年】4回
【分配利回り】1.26%
【経費率】0.03%
【純資産総額(百万米ドル)】252,829.61ドル

 

さらに、直近のVTIの騰落率は以下のようになります。

期間騰落率
1ヶ月0.64%
3ヶ月4.75%
6ヶ月13.95%
1年38.95%
2年56.77%
3年64.03%
5年124.88%
年初来17.22%
設定来445.58%

引用:SBI証券HP

※騰落率はブログ執筆時のものであり、常に変動しています。

 

VTIは設定来から4倍以上の成長を遂げています。

早い時期から投資していた人たちは大きな利益を得ることができたでしょう。

男性
男性
ここまで成長していたら、今から投資しても遅いんじゃないの?
にしげん
にしげん
そんなことはありませんよ!

米国株式市場はまだまだこれからも右肩上がりで成長する可能性が高いので、まだまだ成長街込めるでしょう。

とにかく早いうちから投資を始めるのがおすすめです!

 

 

VTIの購入方法

パソコン デスク 勉強

VTIを購入するのにオススメの証券会社は

この2つです。

にしげん
にしげん

 

今回は楽天証券でVTIを購入する方法について紹介します。

 

楽天証券での口座開設方法は下記の記事を参考に。

つみたてNISAの始め方徹底解説【楽天証券の口座開設方法・投資初心者向け】
つみたてNISAの始め方徹底解説【楽天証券の口座開設方法・投資初心者向け】 つみたてNISAを始めようとしたけど、なんだかんだ面倒なことが多くて始めていないという人が多いようです。 今回は、つみたて...

楽天証券でのVTI購入方法

米国ETFの購入方法は至って簡単。

まずは楽天証券のマイページにログイン。

画面上部の検索窓に「VTI」と入力

VIT 購入方法

すると、候補に「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」が出てくるので、クリック。

 

VTIの画面に行くので、オレンジ色のボタン「買い」をクリック。

VIT 購入方法

VTIは1株単位で購入できます。

続いて、何株買うのかを入力。

VIT 購入方法
にしげん
にしげん

今すぐ買いたい方は「成行」で購入しましょう。

円貨決済・外貨決済はどちらでもそこまで大きく変わりませんのでお好みで良いでしょう。

 

最後に確認ボタンをクリック。

これで購入完了です。

VTIはいつ購入するのがオススメ?

投資 増加

VTIは長期投資を目的として毎月コツコツと一定額を積み立てていくのがオススメです。

毎月の投資額を決めて、その金額分をコツコツと積立投資していきましょう!

男性
男性

でも、VTIは1株26,000円以上するんでしょ?

毎月そんなにたくさん買えないよ

にしげん
にしげん
そんな方には、100円から投資できる投資信託の楽天VITがオススメです。

 

VTIと楽天VTIの違い

勉強

VTIと似ているものに、楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)というものがあります。

実はこの2つの商品の投資先はほぼ一緒です。

VTI楽天VTI
【ファンド】ETF投資信託
【購入場所】証券会社販売会社
【手数料】0.09%0.162%
【最低取引額】1株(約26200円)100円〜
【取引時間】リアルタイム1日1回
【配当金】分配自動再投資

手数料や取引額に関してはブログ執筆時のものになります。

変更になる可能性がありますのでご了承ください。

 

毎月一定額を投資するなら、少額から投資できる楽天VTIがオススメです。

分配金が欲しい方・少しでも手数料を安くしたい方はETFのVTIに投資していきましょう。

 

 

VTIは多くの人にオススメできるETF

お金のなる木を育てる女性

VTI一つに投資するだけであらゆるジャンルの米国企業に分散投資することができます。

にしげん
にしげん

投資初心者にとっては、リスクを抑えながら確実に成果を得られる方法で資産形成をしていきたいですよね。

その最適解の一つが、指数に連動したインデックスファンドへの投資です。

 

インデックスファンドへの投資は、長期的に見てプロの投資家が行う投資よりもリターンが大きく、リスクも少ないというデータもあります。

その中でも、米国企業のほぼ全てに投資できるVTIは多くの投資家や投信ブロガーからの支持を得ている優良なETFです。

 

本記事を読んで、米国ETFへの投資に興味が出てきた方は、ぜひ今日から始めてみましょう。

投資というのは、いきなり高額から始めるのではなく、少額から始めることでリスクも少なくすることができます。

投資をするという経験によって、さらに大きな投資ができるようになったり、お金に関する価値観も良い方向に変わっていくでしょう。

 

当ブログでは投資の方法や節約術など、生活を豊かにしていくための情報を発信していきますので、一緒に将来のための資産形成をしていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。