働き方

最速で学ぶ!オススメのタッチタイピング勉強方法【ブログ必須スキル・初心者向け】

男性
男性
ブログを始めたけど、文字を打つのに時間がかかってなかなか更新できない・・
女性
女性
文章を読み返してみると誤字脱字だらけだった・・・

こういった理由でブログを挫折した人も多いのではないでしょうか。

ブログを書くだけでなくパソコン作業をする上で絶対にマスターしておいたほうが良いITスキルがタッチタイピング

 

タッチタイピングって?

パソコンのキーボード入力をする時に、キーボードの文字列を見ずに、指先の感覚だけを頼りにしてキーを叩くタイピングの方法です。

ブラインドタッチ、タッチメソッドとも呼ばれています。

タッチタイピングを覚えると3つのメリットがあります。

 

タッチタイピングを覚えるメリット
  • 誤字脱字が減る
  • 入力速度が格段に早くなる
  • 疲れにくくなる

タッチタイピングを学ぶことで、パソコン作業の効率が格段に高くなります。

にしげん
にしげん

また、タッチタイピングをすることでキーボードと画面を見るために頭を上げ下げしなくてよくなりますよ!つまり、疲れにくくなるということです

パソコンを使う方にとっては絶対に必須のスキルになるので。ぜひマスターしましょう!

 

 

最速で学ぶ!オススメのタッチタイピング勉強方法

パソコン イラスト

タッチタイピングの勉強方法は様々。

先に結論を言うと、文字をひたすら打つことで入力は早くなります。

とはいえ、間違った方法で練習してしまっていてはいつまで経っても一定の速度からは上達できなくなります。

 

  • ローマ字入力で覚える
  • ホームポジションを覚える
  • なるべく手元を見ない
  • キーごとに担当する指で打つ

この4つを守りながら練習し続けることで、自然とタッチタイピングが早くできるようになっていきます。

間違っても独学はNGです!

我流になってしまうと、正しい打ち方に直すのにかなりの時間がかかってしまいます。

 

ローマ字入力で覚える

パソコン初心者のうちはかな入力のほうがラク・・と思う方もいますが

結論、ローマ字入力のほうが圧倒的に便利で早いです。

 

最初は慣れないかもしれませんが、ローマ字入力で覚えていきましょう。

 

ホームポジションを覚える

ホームポジションを覚えることで最小限の動きで文字を入力できるようになります。

ホームポジションとは?

タッチタイピングをするために、それぞれの指を置いておく基準になるスタート位置。

左右の人差し指が「F」と「J」

中指が「D」と「K」

というように、キーボード真ん中の列に指を置きます。

タッチタイピング ホームポジション【出典】https://happylilac.net/

 

人差し指のホームポジションである「F」と「J」には、突起やへこみがあるので見ないでも触れば分かるようになっています。
打ち終わるたびに、いつもここに指を戻すようにしましょう。

 

ホームポジションを覚えると早く打てるだけではなく、タイピングミスが減るというメリットもあります。

ほとんどの人は我流のタイピング方法なのですが、指の動く範囲が多い分、入力に時間がかかってしまったり、ミスが増えてしまいます。

 

 

なるべく手元を見ない

キーボード入力が全くの初心者なら話は別ですが、普通に入力ができる人なら手元を見ずに入力するクセをつけましょう。

ついつい手元を見ちゃいがちですが、手元を見ずに入力しなければ上達しません。

 

キーごとに担当する指で打つ

タッチタイピングにはそれぞれの指が担当するキーが決まっています。

我流になるとコレが無茶苦茶になってしまいがちですが、早い段階から矯正していきましょう。

 

おすすめのタッチタイピング練習サイト

PC作業 イラスト

タッチタイピングを勉強するには、練習サイトを利用しましょう。

 

おすすめの練習サイトは

の3つ。

なかでもベネッセはページに飛んですぐにタイピング練習できるので、まずはこちらを試してみましょう。

マイタイピングやイータイピングでは長文の入力練習など、実践的な練習をすることができます。

 

タッチタイピングはとにかく練習あるのみ

オフィス 働くまでの流れ

タッチタイピングが最速で上達するポイントをお伝えしましたが結局のところ、練習し続けるしか上手くなる方法はありません。

 

最初のうちは入力にかなりの時間がかかってしまいます。

誤字脱字もハンパじゃありません。

きっと、やっているとイライラします・・。

なんでもそうですが、最初はできないもの。

 

ただ、とにかく毎日タイピングの練習をしましょう。

早い人なら1〜2週間ほど。

平均2,3ヶ月でタッチタイピングができるようになるでしょう。

にしげん
にしげん
慣れてきたら30分ほどで1記事3000文字くらいなら簡単に入力できるようになります。

 

 

タッチタイピングをマスターしただけですぐにお金が稼げたりするわけではありません。

とはいえ、今はほとんどの仕事でパソコンというのは必須のアイテムとなっています。

 

パソコンのキー入力が早いということは、あらゆるPC作業の生産性が格段に高くなるということです。

 

 

僕自身、小学生の頃からワープロ入力を覚えてパソコンを触っていたので、それなりにタイピング速度には自身がありました。

しかし、誤字脱字が多かったのもあり、タッチタイピングを勉強してみることに。

するとびっくり!

誤字脱字が減っただけでなく、文字を打つこと自体が格段に早くなりました。

 

それもあり、毎日のブログ更新が楽しくなっているのもあります。

 

 

タッチタイピングをマスターすることでデメリットはありません。

 

今日から練習していきましょう!