家計管理

世帯年収400万円・子ども4人家族でも毎月10万円以上を貯金する方法

こんにちは、にしげんです!

将来の資産形成のために日々、家計管理を見直しています。

貯金をしたいけど、我が家は年収も低いしとてもお金が余らない・・

子どもが増えると必要なお金も増えて貯金どころじゃないよ・・将来が不安・・

会社員

貯金したいけど、生活レベルが今より下がるのも嫌だな・・

今く貯金できる方法はないかな・・

そんな方のために、本記事では

世帯年収400万円で子どもが4人居ても毎月10万円以上を貯金する方法

について紹介します。

本記事を読むことで

  • 高年収でなくてもできる貯金方法
  • 支出のメリハリの付け方
  • 生活レベルを下げずに貯金額を増やすコツ

について知ることができます。

家計管理について様々な雑誌を読むことがありますが、中には世帯年収300万円・400万円代で子どもも居ながら毎月しっかりと貯金できている家族がいますね。

世帯年収400万円・子ども4人家族でも毎月10万円以上を貯金する方法

資産形成
主婦

世帯年収400万円で子育てをしながら貯金している人はどんな生活をしているんだろう?

にしげん

それを知るためには、家計簿を見させてもらうのが手っ取り早いですね

世帯年収400万円・子ども4人家族のAさんの収支内訳を見てみましょう。

収入(手取り)支出
250,000円
80,000円
ボーナス年1回 300,000円
【収入合計】年間 4,260,000円
住居費80,000円
水道光熱費15,000円
通信費10,000円
保険料10,000円
車代37,500円
食費30,000円
日用品10,000円
子育て費用10,000円
お小遣い(夫)10,000円
お小遣い(妻)10,000円
レジャー・娯楽費15,000円
緊急用貯金12,500円
【支出合計】月250,000円
【年間収支額】4,260,000円3,000,000円

年間の収入が426万円に対して、支出額は300万円。

毎年126万円。

一月あたり10,5000円の貯金ができる状態ですね。

にしげん

Aさんの家庭の場合は、食費・子育て費用が特に安いですね!

各家庭により、節約できるポイントはそれぞれ違います。

また、月ごとに支出額は変動するものなので、あくまで目安になります。

にしげん

Aさんの家庭では、緊急用貯金という項目があるのも特徴です。

生活していると、大きな出費が出るときも。

そんなときのために緊急用貯金というものを用意しておきましょう。

生活する上で、いざというときの備えは常に用意しておきたいですね。

Aさんの例を見てもらったので、ここから本格的に支出をへらすための具体的な方法を紹介します。

月10万円貯金するコツ① 小さな目標をつくろう

資産運用

まずは月にいくら貯金するのかという目標を作りましょう。

男性

いつも貯金の目標を立てるんだけど、長続きしないんだよなぁ・・・

目標を立てたものの、挫折してしまう。

そんな方も多いのではないでしょうか。

目標は大きければ大きいほど、長続きしづらいようです。

そこで、小さな目標を設定しましょう。

年間〇〇円貯金する!と決めたら、そこから毎月〇〇円貯金しないと・・

さらに、毎週〇〇円、1日に〇〇円貯金すれば良いのか・・・

と言ったように、目標をどんどん小さくしましょう。

目標を小さくするだけで達成率は大きく上がります。

にしげん

例えば、年間100万円貯金したい場合は、毎月8.4万円の貯金が必要になりますね。

先程例に出したAさんの場合は毎月の収入が33万円。

そこから8.4万円を引いた246,000円が目標の生活費ということになります。

246,000円でどのように生活できるか、一度家計簿をつけてみましょう。

月10万円貯金するコツ② 貯金するなら先取り貯金が必須

電卓と貯金箱
男性

貯金したくても、気がつけばお金がなくなっている・・・

お金を貯めたくても、なかなか貯まりませんよね。

お金は手元にあれば、ついつい使ってしまいがち。

よほど誘惑に強い人なら大丈夫かもしれませんが、少なくともぼくは無理です。

そんな方は先取り貯金をしましょう。

給料が振り込まれた際に、先に別の口座に移動しましょう。

そのお金は無かったものとして扱うことで、気がついたらお金を使っていた・・・ということは格段に減ります。

貯金口座は3つ用意する

支出について考える女性

貯金用の口座は3つ用意しましょう

  • 給与口座(生活費用)
  • 貯金用口座
  • 緊急用口座

給与口座

こちらは持っている人がほとんどだと思います。

給与の振り込みや、生活費に関してはこの口座から使いましょう。

貯金用口座

毎月決まった金額を定額入金(貯金)していきます。

この口座で年間目標の貯金をしていきます。

緊急用口座

貯金用口座と別で用意する貯金用口座。

毎月余ったお金や将来のためのお金を蓄えます。

急な出費や病気や怪我などで給料に支障が出たときに、まずはここのお金を切り崩します。

男性

銀行口座を3つも用意するのが面倒だな・・

にしげん

そんな人におすすめな銀行は住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行では、「目的別口座」というものを解説できるサービスがあります。

銀行口座を開設すれば、そこから1人10個まで別枠の口座を簡単に作ることができます。

自動定額入金・出金サービスもあるので、お金の移動もラク。

給料日に自動で別口座にお金を移動してくれます。

住信SBIネット銀行に関しては「住信SBIネット銀行を利用して複数の目的別口座を開設する方法【家計改善】」で詳しく解説しています。

毎月の収入・支出を見直す

チェックリスト 男性

目標を設定したら、その目標を達成するために収入や支出を見直しましょう。

とはいえ、収入をすぐに上げるのは難しいでしょう。

そこで、まずは支出を見直しましょう。

今すぐ見直すべき5つの支出

  • 家賃
  • スマホ代
  • 保険代
  • 車代
  • 娯楽費

家賃

不動産 家族 イラスト

まず真っ先に考えたいのが家賃。

購入している方は難しいでしょうが、賃貸の方なら一度見直してみましょう。

家賃を安くするコツ

①家賃交渉をする

②職場の近くに引っ越す

③住むエリアを変える

①家賃交渉をする

勇気を持って家賃交渉してみましょう。

特にずっと同じ物件に住んでいる方は交渉の価値あり!

時間とともに築年数が増え、家賃相場から見てみると割高になっている可能性があります。

にしげん

家賃交渉することで月5000〜10000円ほど安くなったという声もありますよ!

②職場の近くに引っ越す

今の家が職場から離れているのであれば、職場の近くに引っ越すのもおすすめ!

職場の近くに引っ越すことで、交通費や通勤時間が浮きます。

その時間を副業や家族の時間を当てることができますね。

③住むエリアを変える

近隣の比較的家賃の安いエリアを検討してみるのもおすすめ。

同じ賃料でも、部屋の広さなどの条件が良くなる可能性もあります。

スマホ代

スマホとキャッシュ

特に大手キャリアのプランを使っている方は今すぐ変えるべき!

スマホ代は一人あたり高くても3000円です!

  • ・各安SIM(UQモバイル・Yモバイルなど)への変更
  • ・もしくはドコモの方ならahamoなどの割安プランへ変更しましょう。
にしげん

プラン変更は1〜2時間もあればできます!

少しの手間で料金を大幅に値下げできるので、ぜひお試しください。

ちなみにぼくは楽天モバイルとmineoのデュアルSIMを利用していますが、毎月電話も通話もし放題で1300円ほどになりました!

この方法に関してはまた別記事で紹介します。

保険代

本業と副業

保険代は高くても5000円以内が理想です。

最低限の掛け捨て型の生命保険で十分でしょう。

子供のための学資保険を検討している方は、学資保険よりもジュニアNISAなどを利用した投資や貯金による資産運用がおすすめです!

車代

カーシェアリング
  1. 車の乗る頻度が週1程度の方
  2. 比較的都心部に住んでいる方
  3. 駐車場台を毎月支払っている方

これらに該当する方は、いっそのこと車を売ってしまいカーシェアリングにするのがおすすめです。

ぼくは以前車を持っていましたが、

  • ・毎月のローン返済
  • ・駐車場代
  • ・ガソリン代
  • ・車検代
  • ・修理・整備代

などで毎月5万円ほどかかっていました。

にしげん

カーシェアリングに変えた今は、毎月1万円以下に。

年間で50万円ほどの節約になりました。

カーシェアリングに関しては「自家用車よりもカーシェアリングをオススメする3つの理由【メリット解説】」で詳しく解説しています。

男性

車は毎日乗るからどうしても手放せないんだよなぁ〜。

にしげん

通勤でやむなく必要な方も、見栄のために高級車を買うのではなく、コスパの良いクルマを買いましょう。

コスパの良い車に関しては別記事で紹介します。

娯楽費

娯楽費といえば、外食・旅行・おでかけなど様々です。

家計の中で最も削りやすい分野ですが、娯楽費を削りすぎてしまうと生活の満足度が下がってしまうことも。

ときには美味しいご飯を食べたり、旅行に行きたいものです。

安くできるところは安くして、楽しむときは思いっきり楽しみましょう!

・周りに流されずに、自分の家庭にとって必要だと思うものを買う

・好きなものには我慢せずにお金を使う

自分の家庭にとって意外と必要でないことが多かったりします。

一ヶ月ごとに支出額を見直しましょう。

その中から必要でないところをしっかり削って、メリハリのある家計管理をしていきましょう。

子ども費用の節約術

ネット通販 スマホ

子どもが多ければ多いほど娯楽費は増えがち。

そこで、子どもにかかる費用を節約しましょう。

子ども費用を分けて管理する
子供の贅沢のために使えるお金を別で管理しましょう。
子どもにも、今月はあといくら使えるということを伝えることでお金に対しても考えるようになります。
おもちゃを買うのではなく、おもちゃがあるところで遊ぶ
公園や図書館・子供のための遊び場を利用しましょう。
コスパの良いおもちゃ選び
なるべくずっと遊べるおもちゃを買いましょう。

また、消耗品は100円ショップなどで買うのもオススメです。

子どもにかかるお金を節約することで支出を大きく減らすことができます。

こちらに関しても生活の満足度がなるべく下がらないように注意することが大前提です。

まとめ:年収よりも支出管理が大切

資産・ポートフォリオ

年収をすぐに上げるのは難しいのですが、管理は誰でもすぐに行動しやすいのが特徴。

無理にケチケチするのではなく、自分たちの生活から必要のないところだけを削っていきましょう。

貯金のお金は

  • 生活防衛資金(生活費の半年〜1年分)
  • 緊急時要貯金
  • 将来のための投資

この3つに分けて増やしていきましょう。

お金の支出管理をするには、家計簿をつくるのがおすすめ

お金と計算 イラスト
男性

家計簿をつくったことはあるんだけど、結局続かないんだよなぁ・・・

にしげん

家計管理を続けるなら、自動化できる家計簿アプリを使いましょう!

家計簿アプリならマネーフォワードMEやZaimなどのアプリがとにかく便利!

これらのアプリは、クレジットカードや銀行口座の情報を登録することによって、自動的に支出管理を行ってくれるというスグレモノ!

ぜひお試しください♪

家計を見直すことができれば生活は変わります!

僕自身、もともと毎月の貯金額は0でしたが、支出管理を見直したことで毎月15万円ほど貯金できるようになりました。

毎月貯金が0で終わっていた状態と、毎月15万円のプラスになる状態では見える景色が大きく変わります。

お金の不安を抱えたままでは、毎日の生活で考えることも増えてストレスも溜まります。

人生一度きり。

今日から行動していきましょ。

最後まで読んでいただきありがとうございました!