レビュー

10分で分かる!このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法【要約・感想まとめ】

 

男性
男性
今の会社で働き続けていていいのかな・・。
女性
女性
転職したいと思っているけど、何から始めたら良いのかわからない・・・

今の会社に不安・不満を感じている方は多いですが、転職というのは怖いもの。

なかなかその一歩を踏み出せずにいる人がほとんどです。

 

トヨタの社長らが終身雇用は無理と言ったように、今はどんな企業でも定年まで安心して働き続けられる企業というのが減ってくるでしょう。

これから転職というのが当たり前の時代になります。

 

転職って怖いですよね・・。

特に長く働き続けた人ほど
今まで頑張ってきたのにまたイチからのスタートというのは・・・
と考えがち。

しかし、安心してください。

この本を読めばそういった考え方が180度変わります。


北野 唯我さんの「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

ほんのタイトル通り、転職について一度でも考えた方にとっての悩みを解決してくれる一冊です。

転職の思考法 レビュー【出典】https://www.amazon.co.jp/

 

Amazonのレビュー件数も高評価が多く、多くの人に読まれている名著です。

 

今回は、この本の中でもぼくに刺さった部分をメインに要約・感想をまとめていきます。

この記事を読んで、さらにもっと詳しく知りたい!と思った方はぜひこちらの本を手にとって見てください。

半沢直樹のような物語の内容になっているのでサクサク読めますよ!

では早速こちらの本の内容を紹介していきます!

 

「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法」要約まとめ

足元 迷い

会社が潰れても食べていける人、食べていけない人の違い

あなたは会社で何を見て働いてきましたか?

  • 上司を見て働くか
  • マーケット(市場)を見て働くか

この2つの視点の違いが、会社が潰れても食べていける人か、食べていけない人かという違いになります。

 

先輩だけを見てその会社での働き方だけを学んでも、他の会社へ行った時に役に立つスキルはありません。

にしげん
にしげん
なんなら、長く同じところで働いていた人って、変なプライドがあったり、固定概念が強い人が多いですよね。

それに引き換え、マーケットを見て働いていた人は、その会社の仕事だけでなく、自分の価値を高めるために時間を使います。

例えば、どこに行っても役に立つような

  • PCスキル
  • マーケティング力
  • SNS
  • 簿記力

などを学んで、どこに行っても即戦力になれるようなスキルや人間力を身に着けていきます。

こういった人のほうが、すぐに新しい環境にも慣れやすいし、即戦力になります。

 

その上、今の会社が潰れても食っていける状況で働けるということは
メンタル的にもかなり安定します。

そのため、目先のことに囚われたりせず、冷静な判断ができるので、結果的に生産性が上がります。

 

給料=あなたの価値

お金に対する満足・不満

会社というのは、自分という商品を買ってくれているのが真実です。

自分が100万円の生産をしていたとしても、会社からもらっている給料が20万円なら、その会社にとってあなたの価値は20万円ということです。

今の会社は、たまたまあなたと出会ってあなたと取引をしている
ということです。

 

実際、あなたの価値が30万円、何ならもっと高いと感じてくれる会社があるかもしれないということです。

にしげん
にしげん

スマホ料金と一緒で、契約先やプランを変えることで月々の料金は変わりますよね?
でも実際にめんどくさいからと言って変えない人が多い。

転職業界でも同じようなことが起こっているということです。

価値を上げるための方法

キャリア スキルアップ

この本では、自分のマーケットバリュー(市場価値)を高めていくことが大事だと書かれています。

まずは、今自分のマーケットバリューを測って見ましょう。

マーケットバリューを図るための9の質問
  • 会社を変えても、価値のあるスキルをいくつ持っているか?
  • そのスキルはずっと使えるものか?
  • 他の会社や世の中から求められるような「レアな経験」「強いニーズ」があるか?
  • 今の社内に、自分が会社を変えても力を貸してくれるような人が何人いるか?
  • その人達には意思決定力がどれだけあるか?
  • 自分が働いている職種の「一人あたりの生産性」はいくらか?
  • 自分が働いている職種に今後の「成長性」はどれほどあるか?
  • 今後、どれほど自分の市場価値の成長が見込まれるか?

 

マーケットバリューというのは

  • 技術資産
  • 人的資産
  • 業界の生産性

の3つで決まります。

技術資産

他の会社でも通用する技術の専門性や経験

  • 法人営業
  • プログラミング
  • 簿記
  • マネジメント経験

など

人的資産

ざっくりいうと「人脈」のことでう。
あなたのために動いてくれる。という人がどれほどいるかで判断できます。

業界の生産性

一人あたりの生産性の高さ
これが高い業界は自然と収入も高くなります。

 

これらを高めていけば、自然と自分の市場価値は高くなっていくのです。

にしげん
にしげん
この中で最も簡単に高めることができるのは技術資産だと思っています。
今から視野を広げて色んな経験を積んでいきましょう。

人的資産というのは、カリスマ性のようなもので、誰もがすぐに変えていくことは難しいです。
とはいえ、いろんな技術資産を学ぶうちに視野も広がり、心の余裕ができれば、周りの人との付き合い方も少なからず変化が起きるでしょう。

もしくは、思い切って業界を変えてしまいましょう。

  • ウエディング
  • 美容師
  • 保育士

など、給料面で言えば水準の低い業界もあります。

こういった仕事はやりがいもあり、目指す人も多いのですが、収入を上げていきたいという方にとっては、技術資産と人的資産を底上げしなければ高収入は難しい業界でしょう。

技術資産や人的資産を上げていくのは時間がかかります。

思い切って業界を変えるということも一つの選択肢です。

本書でも書かれていますが、「業界の生産性」というのは、市場により20倍ほど違うようです。

つまり、平均年収200万円の業界もあれば、4000万円の業界もあるということです。

平均年収200万円の業界でトップを目指すよりも、4000万円の業界でそこそこのポジションでいるほうが収入は高い可能性があるということですね。

 

転職先となる会社の見極め方

転職 思考まとめ メモ
会社を見極める3つの基準
  • マーケットバリューは上がるか
  • 働きやすいか
  • 活躍の可能性は十分か

マーケットバリューは上がるか?

  • どういった競合会社がいるのか?
  • また、競合も伸びているのか?

というのが大事になります。
これらを事前に調べておきましょう。

 

働きやすいか

働きやすさはマーケットバリューとは一見関係なさそうですが、長期的には大事な要因になります。

現場のメンバーの声が聞けるのであれば聞いてみましょう。
優秀な人だけでなく、他の社員の方はどういった働き方をしているのかも見れるとなお良いです。
他にも、同業他社からの評判やネットでの口コミなど参考にしてみましょう。

 

活躍の可能性は十分か?

活躍の可能性を確かめるには、企業にこういった質問をしてみるのがおすすめです。

  • どんな人物を求めていて、どんな活躍を期待しているのか?
  • 今、いちばん社内で活躍し、評価されている人はどういった人物なのか?また、なぜ評価されているのか?

これらを聞いて、自分のレベルと照らし合わせてみましょう。
あまりにも温度差があるようなら、自分にとって活躍の幅は狭くなるでしょう。

 

仕事における「楽しみ」とは?

人生攻略

ぼくが最も良いと感じたのは、本書の最後に書かれている、仕事を楽しむには、自分の状態と環境が適切であるということです。
本書ではRPGのように例えられています。

自分の状態(レベル)と環境(ステージ)のバランスが良いか

仕事が面白くない状態

  • レベル1の状態でラスボスに挑む
  • レベル50なのにまだ最初の町

仕事が面白い状態

  • レベル30の状態でレベル35くらい推奨のステージにいる

自分のレベルはなんとなくわかる方も多いと思いますが、今の自分の環境が自分のレベルに合っているのかがイマイチ分からない・・
という方のために、この本では環境の最適度がわかる目安を用意してくれています。

それは、過去半年間に緊張を感じた場面の数です。

悪い緊張が10以上ある

→自分のレベルがに対して環境のレベルが高い・もしくは合っていない。
職場を変えるべきです。

良い緊張が3つ未満

→自分のレベルに対して環境が低いという状態です。
より難しいことや、やったことのないものに挑戦しましょう。

こちらを参考に、自分が働いている会社は自分に合っているのかを確認してみましょう。

 

まとめ:市場価値を高めて自由に働ける人になろう

協力

有名人やYouTubetの影響で
好きなことを仕事に。うありたいことをやりましょう!
といった考え方の人気が出ています。

それはもちろん素晴らしいことなのですが、すべての人が心の底から好きなことだけやっていて、それが仕事になることは少ないです。

 

この本の著者も「心からやりたいこと」は絶対に必要ではない。と言っています。

ただし、「小さなやりたいこと」は誰でも持っているので、まずはそれを探しましょう。

その見つけ方は2つ

  • 他の人から上手・得意だと言われるけど、自分ではピンときていないこと
  • 普段の仕事の中で全くストレスを感じないこと

この2つから少しずつ見つけてみましょう。

転職における失敗とはなにか

借金に悩む男性

自分が選んだ選択が成功か失敗かということは、あとになってみないとわかりません。

この本では、転職における最大の失敗は「覚悟を決めるべき時に覚悟を決められないこと」と書かれています。

転職を阻害するのは、現実的な危険性ではないです。

ほとんどが自分の見栄や恐怖ということです。

 

これからは転職がより当たり前の時代になっていきます。
そうなった時に、必要なのはマーケットバリュー(市場価値)。

価値の高い人はより自由に働けるようになり、社員を惹き付けようとする会社はより魅力的になっていきます。

自分自身の価値を高めて、自分の選択肢を広げていきましょう。

 

今回は「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法」について紹介させていただきました。

本書は転職に関する考え方や、具体的にどういったことを始めていけばよいのかというアドバイスがわかりやすくまとめられています。

今回の記事では書ききれないほどのボリュームなので、より深く知ってみたいという方はぜひ本書を手にとって読んでみてください。