投資

食事制限なし!誰でも無理せずに確実に痩せる方法【16時間断食とは?】

こんにちは、にしげんです。

男性
男性
ダイエットしたいけど、何をやっていてもなかなか続かない・・・。
女性
女性
ダイエットを意識して糖質オフなどをするのが面倒・・・

ダイエットってなかなか続きませんよね。

そういった方でも確実に痩せることができる方法があります。

 

それが「16時間断食」をするということ。

「16時間断食」をすることで、誰でも確実に痩せるだけでなく、肌艶も良くなりキレイになるんです。

今回はそんな「16時間断食」について紹介していきます。

 

本記事はこんな人にオススメ
  • 健康的に痩せたい人
  • 糖質制限などをせずにダイエットしたい人
  • 若々しくいたい人
  • 朝の時間を作りたい人

誰でも無理せずに確実に痩せる「16時間断食」とは?

女性 ストレッチ

16時間断食とは、16時間何も食べない時間を作るということです。

そして、残りの8時間は好きに食べて良い。

というのがこのダイエット方法。

 

聞いてみれば、めちゃくちゃシンプルな方法ですよね。

話だけ聞けば、誰でもできそうな感じです。

 

この方法は「空腹」こそ最強のクスリの中で、科学的に効果が実証されていて、オススメされている方法です。

 

僕自身、この方法を知ったのは衝撃的でした。

この本に書かれていることは

そもそも1日3食という文化が間違いであるとのこと。

 

食事というのは、ご飯を食べたらそれで終わりではありません。

腸で消化し終えるまでが食事である。

食べたものを腸が消化しきる前に、さらにご飯を食べることによって、腸が休む暇がなくなっているのが現状ということです。

 

ダイエットに必要なのは、カロリーではなく、いかに空腹時間をつくって腸を休めてあげるかということが大切だということです。

 

そのために必要な時間が16時間ということなんですね。

16時間以上の空腹時間を作ることで「オートファジー」というものが起こるのです。

 

オートファジーとは?

空腹時間が16時間を超えることで、腸が外からの栄養(食べ物)などではなく、細胞内のタンパク質を分解して再利用してくれるという機能。

古くなった細胞や老廃物を分解して、新しい細胞に作り変えてくれる。

オートファジーの効果によって、体が若返ったり活性化するといったことが起きるんです。

にしげん
にしげん
ダイエットだけじゃなく、体が健康的になり若々しくいることができるなんて最高ですよね!

 

16時間断食の最適な方法

朝 日光を浴びる女性
女性
女性
16時間もご飯を食べない時間があるのって、絶対無理!!!!

そう思う方も多いでしょう。

16時間断食するというのは、一見できそうに見えて、実は結構長いですよね。

 

16時間断食するポイントが2つあります。

  • 睡眠時間を使う
  • 朝食をやめる

この2つを行うことで16時間断食は割と簡単になります。

 

夜20時までに夕飯を食べた人は、翌朝何も食べずに、お昼の12時以降に食べるようにすれば良いのです。

そして、12時から20時までの間は何を食べても良いんです!

 

例えば、僕の場合は

  1. 22時までに夜ごはんを食べる
  2. 16時間空けて、翌日は朝食を食べない
  3. お昼は14時以降に食べる

こういった生活リズムになっています。

 

16時間のうち、8時間ほどが睡眠時間なので、体感的に断食時間は8時間ということになります。

このように、睡眠時間を利用することで断食時間を大幅に減らすことができる(体感的に)のです。

 

また、朝ごはんを抜いて、お昼ごはんからによって、16時間の断食が現実的にできます。

朝ごはんを抜いていると、空腹に悩まされることもあるかと思います。

にしげん
にしげん

そんな時は、「お昼以降は何を食べてもいいんだ!!」と先のことをポジティブに考えられるようにしてみましょう!

気持ち的にかなり楽になりますよ!

 

16時間断食中に食べても良いもの

素焼きナッツ
男性
男性
どうしてもお腹が空いてイライラしちゃう・・・。

最初のうちは16時間断食というのはきつく感じる方も多いでしょう・・。

そんな方に救済システムがあるんです!!

16時間断食がどうしてもできない人のために、「空腹」こそ最強のクスリでは、断食中でも多少食べても良いものがあると書かれています。

  • 素焼きナッツ
  • 生野菜
  • チーズ
  • ヨーグルト

これらは消化が早く、糖質も少ないそうなので特に問題ないようです。

どうしてもお腹が空いて仕事や作業に集中できない。という人は、こういったもので空腹を和らげましょう。

 

16時間断食をしないほうが良い人

ランニング

16時間断食は、科学的な根拠もある、ダイエットや健康のためにとても良い方法なのですが、その効果には個人差があるようです。

人によっては、さほど効果を感じない人も多少いるようですね。

 

また、この16時間断食というのは、一般的な現代人の働き方にはあっているようですが、身体を酷使する仕事をしている人・筋トレをしている方やスポーツ選手には向いていないようです。

そういった方は、毎日多くのエネルギーを消費するので、断食をせずに、しっかりと栄養を取りましょう。

 

まとめ:16時間断食をして生活が変わった

朝 寝起きの女性

今回は16時間断食について紹介しました。

16時間断食をすることによりオートファジーという現象が起き、体の細胞が作り変えられて、若々しく健康的で言われる。

16時間の空腹時間を空けるためのポイントは

  • 睡眠時間を含む
  • 朝食を取らない

ということです。

 

ぼくはこの16時間断食をすることで3つのメリットがありました。

  • 健康的になった
  • 朝の時間ができた
  • 食費が浮いた

健康的になっただけではなく、朝ごはんを食べるという文化がなくなったことにより、生活が大きく変わりました。

 

今まで朝ごはんを食べていた時間が自由になり、ブログや勉強・部屋の掃除などに時間を使うことができるようになったんです。

また、パンや卵、ご飯・納豆を食べなくなったので、毎月の食費が5000円ほど浮いたことも大きいですね。

 

この16時間断食は毎日無理に続けなくても良いようです。

理想としては、週に4,5日ほどするのが良いそう。

にしげん
にしげん

例えば、仕事の日は16時間断食をして、休日には何も気にせずに食べても良いということですね!

ちなみに僕はそういった方法をしています。

 

16時間断食は最初の1週間ほどは少しきつく感じるかもしれません。

しかし、すぐに慣れてしまうので気づけば16時間断食が平気な人になっていくでしょう。

とはいえ、体質的に合わない人もいるそうなので、くれぐれも無理はしないように・・^^;

 

16時間断食・オートファジーについてもっと詳しく知りたい!と思った方は、ぜひ「空腹」こそ最強のクスリを読んでみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。