投資

米国ETFはいくらから買うのがオススメ?【購入時手数料を安くする方法】

投資を始めた女性

米国ETFはいくらから買うのが良いんだろう?

投資を始めた男性

米国ETFを一括で買うべきか、コツコツつみたてていくか悩んでいる

米国ETFへの投資をしていきたいけど、どのように投資していくのが効率が良いのか悩んでいる。

そういった方が意外と多いようです。

結論を言うと、資金力があるのであれば、

米国ETFは一度の購入で40万円〜50万円以上買うのが手数料が安くなるのでオススメです。

にしげん

手数料を気にしない方にとっては、毎月コツコツつみたてていくのもOKですよ。

本記事では、米国ETFを購入する方法や、いくらから買えるのか?

といった事を紹介していきます。

本記事を読むことで、これから米国株投資を始めて見ようと思っている方にとって参考になることが多いでしょう。

本記事の内容

米国ETFを一括購入するのがお得な理由

いくらから米国ETFは購入できるのか

手数料無料で購入できる米国ETF

これから米国ETFに投資をしようと思っている方にとって参考になることばかりだと思います。

ぜひご参考に。

米国ETFはいくらから買うのがオススメ?

スマホ決済

米国ETFを購入・売却する際には手数料が発生します。

楽天証券などは、一部の銘柄を覗いて、米国ETFの買付手数料として0.495%かかります。

ただし、手数料の上限は22ドル

つまり、4,444.45ドル(約40〜50万円ほど)を購入すれば買付手数料を割安にすることができます。

少しでも手数料を安くしたい方は、一回で多くの金額を投資するのが良いでしょう。

出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/
投資を始めた男性

40〜50万円てなかなかの金額ですよね・・・

にしげん

そうですね・・。

資金力に余裕がないうちは、100円から投資できる投資信託のほうが良いでしょう。

米国ETFで毎月ドルコスト平均法で積み立てるなら、毎月40〜50万円の資金力がほしいところです。

米国ETFの最低購入金額

電子マネー・キャッシュレス
投資を始めた男性

米国ETFっていくらから購入できるの?

アイコン名を入力

米国ETFは投資信託と違い、1株単位で購入することになります。

ETFと投資信託の違い

ETF投資信託
最低購入額1株単位100円〜
買付手数料多くの銘柄で手数料がかかる無しの銘柄が多い
自動定額積立金融機関によるあり

ETFによって1株あたりの金額は様々。

投資信託とETFの違いについては下記の記事で詳しく解説しています。

投資信託とETFの違いを分かりやすく解説【投資初心者向け】 今回はETFと投資信託の違いについて分かりやすく解説していきます。 投資信託とETFの違いを分かりやすく解説...
にしげん

参考までに、ぼくが購入しているETFの現在の価格を紹介します。

VYM 価格
【出典】https://www.rakuten-sec.co.jp/

人気の高配当ETF「VYM」の場合、現在の価格は1株あたり12,400円ほど。

【出典】https://www.rakuten-sec.co.jp/
にしげん

SPYDは一株あたり約4,600円と比較的購入しやすい価格になっています。

このように、米国ETF一つ一つの一株あたりに必要な購入金額が異なります。

購入の際は、事前にいくら必要なのかを見ておきましょう。

高利回り!オススメの米国高配当ETF3選【夢の配当金生活への第1歩】
高利回り!オススメの米国高配当ETF3選【夢の配当金生活への第1歩】株を持っているだけでもらえる不労所得「配当金」 中には、配当金だけで生活を賄っている人もいます。 そう思っている方も...

米国ETFのオススメの購入タイミング

資産・ポートフォリオ

米国ETFを購入するタイミングは、株価が安くなっている時。

とはいえ、株価がいつ割安になっているのか?というのは誰にもわかりません。

そこで、まずはETFを1株購入してみましょう。

その後、株価が購入時よりも下がっていたら、そのETFを買い増しましょう。

その後も株価が下がってしまったら、さらに買い増すチャンスです。

にしげん

これを繰り返すことで、常に安い価格で購入することができます。

資産に余裕がある方は、ドルコスト平均法を使って毎月一定金額を購入し続けるのもオススメですよ。

高配当株投資の始め方【初心者向け・楽天証券の口座開設方法も紹介】
高配当株投資の始め方【初心者向け・楽天証券の口座開設方法も紹介】 高配当株投資、なんなら投資そのものに対して、興味はあるけど不安やよく分からないから始めることができない方が多いようです。...

米国ETFをオトクに買う方法

資産運用

楽天証券には買付手数料が無料のETFもあります。

これらは少額でも買付手数料が一切かかりません。

【出典】https://www.rakuten-sec.co.jp/
にしげん

楽天証券の場合は、これらが買付手数料無料の米国ETFになります。

VTやVOOは特に人気の銘柄。

これらを手数料無料で購入できるのは嬉しいですね。

VTIについて知りたい方は下記の記事を参考に♪

VTIとは?大人気の米国ETFについて紹介【投資初心者向け】
VTIとは?大人気の米国ETFについて紹介【投資初心者向け】米国株への投資を始めようと思っている方へ。米国企業のほぼすべてである約3800銘柄に投資できるETFが「VTI」。長期投資の最適解とも言われている米国ETF「VTI」の魅力や購入方法などを紹介。投資初心者にも分かりやすく解説しています。...

チェックポイント

米国ETFは予算に余裕があるなら、安い時に一括投資もオススメ。

米国ETFを購入するなら、なるべく手数料が安くなる40〜50万円以上の一括購入がオトク。

楽天証券では、人気のVTIやVOOなどの米国株の買付手数料が無料

人気の米国株投資ですが、資金力がある方にとっては一定額以上の買付がオススメです。

とはいえ、一気にそれだけの金額を投資するのには勇気がいるでしょう。

そのため、手数料を気にせず少額から投資していくのもオススメです。

米国ETFは自分の資金力に合わせて無理のない方法でコツコツつみたてていきましょう。

にしげん

ぼくはそこまで資金力がないので、毎月株価が安くなった時に買い増すようにしています。

また、一株の購入金額の高い米国ETFでなくても、一口100円から投資できる投資信託で少額からコツコツ積み立てていくのも良いでしょう。

本記事が、これから米国株投資を始める方にとって参考になることがあれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

インデックス投資だけでなく高配当株投資もオススメな理由【違い解説】インデックス投資が投資する上で最も最適とされている投資スタイルですが、高配当株投資が多くの投資家からも人気を得ています。本記事では、高配当株投資のメリット・デメリットを紹介します。インデックス投資との違いについて知りたい方、高配当株投資について知りたい方にとって参考になるでしょう。...