投資

eMAXIS Slimとは?【つみたてNISA・投資おすすめファンド】

 

男性
男性
投資信託でよくオススメされているeMAXIS Slim(イーマクシススリム)っていったい何なの?
  • なんとなく良いから
  • オススメということでなんとなく

という理由でeMAXIS Slimのシリーズの投資信託をしている人は多いようです。

にしげん
にしげん
ぼくもeMAXIS Slimのシリーズに投資していますが、かなりオススメのファンドですよ!

今回は、そんなeMAXIS Slimとはどういった投資信託なのか?
その特徴・人気の理由も紹介していきます。

eMAXIS Slimとは?

eMAXIS Slim 特徴【出典】https://emaxis.jp/

 

eMAXIS Slimとは、三菱東京UFJ国際投信が用意している投資信託ブランドである「eMAXIS」の一部のラインナップ。

「eMAXIS」の中でも、業界最低水準の低コストにこだわったシリーズが「Slim」と名付けられています。

 

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)

は競合商品と比べて低コストであり特に大人気です。

 

eMAXIS シリーズは元々は、2009年にネット投資家向けにコストの安いインデックスファンドとして販売が始まりました。

インデックスファンドとは?

投資には

  • インデックスファンド
  • アクティブファンド

の2つの投資信託があります。

簡単にまとめると

  • インデックスファンドは指数という株式市場の平均点と連動していく投資信託
  • アクティブファンドは指数も意識はするけど、それ以上の成果を目指す投資信託

です。

にしげん
にしげん
一見、アクティブファンドのほうが良さそうに感じるかもしれませんが、手数料やリスクのことも考えたら、インデックスファンドのほうがオススメです。

余談ですが、

  • eはインターネット
  • MAXISはMAX(最高の品質)とAXIS(投資家の軸)

を掛け合わした造語だそうです。

eMAXISシリーズの紹介

資産ポートフォリオ
男性
男性
eMAXIS Slim以外にもeMAXISって書かれているのがあるけど、何が違うの?

eMAXISには主に4つのシリーズがあります。

それぞれ違った特徴のあるeMAXISシリーズですが、これらを簡単に紹介していきます。

eMAXIS(イーマクシス)

資産運用の最も元祖のシリーズ
最もベーシックなラインナップで、多くの株式などに投資できる。

にしげん
にしげん
こちらのシリーズに関しては、eMAXIS Slimの登場によって影が薄くなりつつあります。

eMAXIS +(イーマクシスプラス)

資産運用のステップアップ用として作られたものです。
主に金・銀・小麦や原油などのコモディティと言われるものをメインにパッケージ化したもの。
eMAXISに追加で購入する人が多いようです。

eMAXIS Slim(イーマクシススリム)

低コストに特化したシリーズ。
内容としてはeMAXISに似ています。
低コストであることから、本家のeMAXISよりもこちらのほうが人気になっています。

eMAXIS Neo(イーマクシスネオ)

ロボット開発、宇宙関係や最新テクノロジーについて研究・開発している企業の株式をまとめたテーマ型のシリーズ。
今後伸びしろがあるかと期待している人も多いようです。

 

eMAXIS Slimシリーズの特徴

ポイント

eMAXIS Slimシリーズには2つの特徴があります。

  • とにかく低コスト
  • 種類が豊富

とにかく低コスト

eMAXIS Slimはとにかく業界最低水準の低コストなのが特徴。

代表的な eMAXIS Slim米国株式(S&P500)では
信託報酬は年間0.0968%
さらに、その他諸々を合わせた総合的にかかるコストも年間0.163%と非常に安いんです!

にしげん
にしげん
仮に100万円預けたとしても、一年間の手数料は1600円ほどということですね。

ものによっては手数料で1%、2%とられるものもあるので、eMAXIS Slimシリーズに関してはかなり安いと言えるでしょう。

資産運用コストによる違い【出典】https://emaxis.jp/

 

eMAXIS Slimは、業界最低水準の低コストを目標にしているので、他社の類似しているファンドがあり、信託報酬が安かった場合はeMAXIS Slimも信託報酬を随時引き下げてくれたりします。

つまり、長い目で見ても安心して投資を続けやすいところと言えるでしょう

eMAXIS Slimシリーズはどれほど安いのか?

eMAXISとeMAXIS Slimの違いを比較してみましょう。

eMAXIS全世界株式eMAXIS Slim全世界株式
購入時手数料
信託財産留保額0.05%0
信託報酬年0.66%年0.1144%

eMAXIS全世界株式の信託報酬は年0.66%であるのに対し、
eMAXIS Slim全世界株式は0.5%%ほど安くなります。

0.5%だけならそんなに大きな変化がなさそう・・・

そう思う方もいるかと思いますが、仮に100万円預けた場合の信託報酬は

eMAXISの場合は約6600円

eMAXIS Slimの場合は約1100円になります。

ほぼ同じものに投資していても、運用コストだけで年間で5000円ほどの差がでます。

同じeMAXISのシリーズの中でもこれだけ安くなるんです。

 

種類が豊富

eMAXIS Slim ラインナップ【出典】https://emaxis.jp/

eMAXIS Slimのシリーズは、現在のところ13種類あります。

豊富な品ぞろえがあることも魅力の一つです。

  • 自分は国内にだけ投資したい!
  • 先進国にだけ投資したい!

といった時に、自分の好みのものだけの詰め合わせたシリーズを購入しやすいのです。

 

eMAXIS Slimシリーズはとにかく大人気

ファンドオブザイヤー2020 eMAXIS Slim【出典】https://emaxis.jp/

 

投資信託に関して詳しい人が多い、投信ブロガーが選ぶ「Fund of the Year 2020」では、eMAXIS Slimシリーズがランクインしています。

特に、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は第1位に選ばれているんです!

これだけ多くの投信ブロガーに選ばれているファンドということは、それだけ人気であり信頼できるということですね。

eMAXIS Slimのデメリット

株価 動き 初心者向け

eMAXIS Slimは運用コストがとても安いファンドのシリーズですが、決して最も運用コストが安いというわけでは有りません。

例えば、
全世界株式(オールカントリー)は
投資対象銘柄数が全世界約3000銘柄であり
実質コストは年0.209%かかります。

それに比べて、SBI全世界株式(雪だるま)と言われるファンドは
投資対象銘柄数が全世界約8000銘柄に投資
さらに、実質コストは年0.133%になります。

 

まとめ:eMAXIS Slimはとりあえず間違いない

寝ている間に入るお金

eMAXIS Slimシリーズはとにかく豊富な品ぞろえと手数料の安さが魅力のファンド。

そのため、投資したい地域や資産を決めたら、他にこだわりがなければeMAXIS Slimシリーズを購入しておけば間違いないでしょう。

手数料に関して言えば、今は最も安いわけではなくても、業界最低水準の安さを目指しているeMAXIS Slimシリーズであれば、今後さらに安くなっていく可能性もあります。

資産運用をこれから始めていこうと思っている方は、まずはeMAXIS Slimのラインナップの中から商品を選ぶのがオススメです。

 

最後に、ぼくがeMAXIS Slimのラインナップの中でも特にオススメしているものを紹介します。

  • eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

この3つに関しては、幅広い地域や株式に分散投資できるものになっていて、特に人気のものになります。

どこに投資すればよいかわからない・・という方は、全世界約3000銘柄に投資できるeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)から購入してみても良いかもしれませんね!

 

これから投資を始めてみよう!と思った方は楽天証券の開設方法について「つみたてNISAの始め方徹底解説【楽天証券の口座開設方法・投資初心者向け】」で解説していますのでご参考に。

 

投資はあくまで自己責任です。

本記事で書いてあることやプロの投資家、ブロガーやYouTuberなどが色んな情報を発信していますが、あくまで参考程度にして、最後は自分で考えて投資しましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。